光林寺概要とアクセス | 光林寺は大宝元年(701)文武天皇の時代からの長い歴史があります | 永代供養,お墓参り,花咲く霊園 愛媛県【光林寺】

光林寺概要とアクセス

光林寺の沿革

光林寺は大宝元年(701)文武天皇の勅命を受けた徳蔵上人によって、光林寺の南約7Kmの奈良原山山頂にあった蓮華寺と共に開かれました。徳蔵上人は第十五代応神天皇の御世に来朝された弓月君(ゆづきのきみ)の子孫と伝えられ、法相宗(ほうそうしゅう、奈良の興福寺と薬師寺を大本山とする)と、三論宗(さんろんしゅう、現在は東大寺に伝わる)を修めた大徳であったので、開山当初より約百年間程は法相宗と三論宗の二宗兼学の寺でありました。光林寺の住持、圓職上人代の大同元年(806)唐より帰国途中の空海上人(弘法大師)が、奈良原山の蓮華寺に登られて密教の修法をされました。また、空海上人(弘法大師)は光林寺にしばらく止住されて密教を伝授されました。これより後、光林寺は法相・三論兼布の寺であったのを密教弘通の真言宗の寺となったと伝えられています。

天長3年(826)空海上人(弘法大師)の奏聞に因り、淳和天皇の勅願として堂塔の建立が開始され、佛閣が整備される事になりました。5年の歳月をかけ天長7庚戌年(830)3月、本堂・金堂・庫裏・客殿・多宝塔・鐘楼堂・仁王堂が完成し、四十九院の根本道場となりました。天禄3年(972)回禄の変によって一時灰燼に帰したが、長久3年(1042)後孔雀天皇の勅願により伊予守源頼義公の奉行をえて堂塔の再建が図られました。四十九院は十二坊として再興され、新たに薬師堂も建立されました。現存する仁王堂は源頼義公によってこのときに建てられたものです。これらの十二坊は、この後規模を大きくしながら南北朝時代まで法灯が続いたもようです。永禄元戊年(1558)には、河野伊予守四郎通直公により旧慣を尋ねて堂塔の修復がなされました。元禄十四年(1701)には、光林寺開山一千年に当たり、今治城主松平駿河守定陳公によって新たに本堂が再建されました。これが現在の本堂です。

光林寺は、特に南北朝時代の大波、明治初めの神仏分離の大波などを受けながら、1313年の歴史を歩んでいます。

光林寺の沿革

概要

法人名 宗教法人 光林寺
代表者名 渡邊真憲
所在地 〒794-0116 愛媛県今治市玉川町畑寺甲530
電話番号 0898-55-2438
FAX 0898-55-3863
開門時間 9:00~17:00
休園日 不定休
事業内容 寺院、墓地、それらに付帯する業務

アクセス

〒794-0116 愛媛県今治市玉川町畑寺甲530
・今治駅より車で約20分駐車場あり(約50台)
アクセス
  • 永代供養
  • 桒山賀行と仏彫刻

永代供養とお墓に関するご相談は、お気軽お問い合わせ下さい。tel:0898-55-2438,fax:0898-55-3863,受付 9:00~17:00(不定休) 24時間受け付けております

お問い合わせ

  • HOME
  • 永代供養
  • 仏縁名サービス
  • 墓地分譲のご案内
  • 光林寺概要とアクセス
  • お問い合わせ

桒山賀行と仏彫刻

Information

宗教法人 光林寺
〒794-0116
愛媛県今治市玉川町畑寺甲530

愛媛の永代供養、お墓に関するご相談、お問い合わせはこちら
開門時間 9:00~17:00(不定休)
tel:0898-55-2438

PAGE TOP

愛媛の永代供養、お墓に関するご相談・お問い合わせは、お気軽にどうぞ

Copyright © 宗教法人光林寺 All Rights Reserved.